INFORMATION

日時:2013.8.25(SUN)
open 16:30 start 17:00
会場:OSAKA MUSE
チケット代金:前売¥2,000 / 当日¥2,500
(ドリンク代別途¥500要/オールスタンディング)
※整理番号順のご入場になります。※未就学児童入場不可
出演アーティスト:
WAR-ED、Back PageZ、Hachi/Hatch, 、Blue turns to Grey
スペシャルゲスト:Chicago Poodle
問い合わせ:サウンドクリエーター
06-6357-4400(平日12:00〜19:00)
http://www.sound-c.co.jp

後援 FM OSAKA
OSAKA MUSE MAP

artists

  • WAR-ED

    WAR-ED

    2010年結成。
    結成以降、MINAMI WHEELやSAKAE SPRINGなど数々のライブに出演。
    2011年 mini AL「CONSTRUCTION」リリース。
    2012年メンバーチェンジを経て山下慎司(Vo.&G.)を中心に現在のメンバーに。
    2013年8月25日 NEW mini AL「Essence of the Heart」ライブ会場限定販売開始。


  • Blue turns to Grey

    Blue turns to Grey

    藤井洋一朗(Vocal)
    1987年10月25日ドイツ生まれ。幼少時代をウィーンで過ごす。
    大学では物理学を専攻、プロデューサーとの出会いによってロックシンガーに転身。
    力強いハイトーン、また時には甘く語る’声’を武器に無二のサウンドを紡ぎ出す。

  • WAR-ED

    Back PageZ

    Vocal 依田明宏 (Akihiro Yoda)
    Guitar 鶴澤夢人(Yumeto Tsurusawa)

    依田と鶴澤の2人が音楽プロデューサーの紹介で関西で出会う。
    2012年『Back PageZ (バック ペイジズ)』を結成

  • Hachi/Hatch,

    Hachi/Hatch,(ハチブンノハチ)

    類い稀なる歌声を持ったヴォーカル中村勝也と魅せるドラマーゆっきを中心に結成。
    ロックの概念に捉われず様々な変容をみせる新世代のパイオニア。
    Hachi/Hatch,には、蜂が花から花へと花粉を届けるように
    自分たちの声を届けていきたいという想いが込められている。

SPECIAL GUEST

  • Chicago Poodle

    Chicago Poodle

    ボーカル&ピアノ花沢耕太、ドラム山口教仁、ベース辻本健司の3人編成。
    全曲を花沢が作曲。作詞を山口、辻本それぞれが手がける。
    80年代洋楽ポップスに影響を受けた花沢が創る懐かしく、せつないメロディー、コード感。
    山口&辻本のリズム隊が織り成すアーバンなアンサンブルは、『ピアノ名曲工房バンド』として、全国に浸透中。

pegetop
Twitterへリンク
West Rock Festivalメールマガジン